やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[お義父さんへ]の想い 女性 50歳代

【第19次応募作品】

「仲間だね」私の顔を忘れても
そう言ってくれたお義父さん。
「嫁が来て、仲間が一人増えましたよ」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈グーモ・福岡県・59才・女性〉からの投稿

認知症の義父が亡くなる前にお見舞いに行った時、私のことを「仲間だね」と言ってくれた義父の言葉が温かく心に残っています。義父のように家族やまわりの方々にも明るく優しくありたいと思います。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ