やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[親族へ]の想い 女性 40歳代

【第20次応募作品】

愛さなくても愛され
許さなくても許され
脈々と連なるいのち

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈カーコ・徳島県・42才・女性〉からの投稿

先祖代々のお墓参りに行くと、祖父や曽祖母が眠る墓。会ったこともない祖父の兄や曽祖父にも思いを馳せる。この方達がいなかったら私はいなかったのだと不思議な気持ちと感謝せずにいられない。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ