やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 ~20歳代

【第22次応募作品】

今日ねおじいちゃんの夢を見たの
なれない手でスマホを触ってるあなたの姿
意外と私たちのことを想ってくれていたのね

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈だまこ・宮崎県・23才・女性〉からの投稿

基本無言で、孫の私にもあまり興味が無さそうだった祖父。介護のためにワンプッシュで使える電話を、介護される時にしか使ってた祖父が、年配の方向けのスマホにし色んな人や孫に向けてメールを送る祖父の夢を見た。貴方はもう亡くなっているけれど、私たちのこと見ててくれて気にかけてくれていたんだね。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ