やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖母へ]の想い 女性 60歳以上

【第11次応募作品】

お祖母ちゃま、暖かな日向の縁側で習った
手仕事の楽しさを、独りぽっちになったいま
寂しさを時薬と楽しい手仕事で癒しています

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈くおん・埼玉県・78才・女性〉からの投稿

78歳を迎えた私は子供の頃、手仕事が好きだった祖母が教えてくれた多くの手仕事が好きで、父母も夫も逝いて一人ぼっちになった今でも綺麗な物を手作りを楽しみながら、時を薬にかえて心の寂しさを癒しています。縁側からリビングに時代は移りましたが……

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ