やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 40歳代

【第11次応募作品】

幾度となく生徒を送り、迎えてきた
祖母にとって、桜は特別でした。
「ばあちゃん、桜が開花したって。先生!」

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈ゆっきぃー・宮城県・45才・女性〉からの投稿

祖母は小学校教諭で、生徒にそして周りの方々にとても慕われた人でした。私は1日だけ祖母の赴任先の学校で生徒を経験しています。あの輝いている姿はとても素敵でした。尊敬していますし、大好きでした。何故かいつも私の傍にいて守ってくれている気がしています。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ