やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[父へ・母へ]の想い 女性 50歳代

【第12次応募作品】

線香がゆらめく仏壇に、そっと呼びかける。
父の面影が、笑った眼差しで答えてくれる。
有難う、それだけが伝えきれない言葉です。

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈祐仙淳子・大阪府・59才・女性〉からの投稿

亡くなってもう二年が経ちました。一緒に仕事をしていたので、どこを向いてもまだ父の声やしぐさが、目に映る様々なものに反映して蘇ってきます。亡き人に、ふと相談したり愚痴を言ったりしてしまいそうになります。でも最後には、今ある事への感謝が心に溢れます。「ありがとう」を言っても言い足りない気持ちです。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ