やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


[祖父へ・祖母へ]の想い 女性 30歳代

【第12次応募作品】

団欒時、泣いて駄々をこねた姪っ子が
おじいちゃんに聞いてもらってくると仏壇へ
りんを鳴らし祖父を呼ぶ

写真はイメージです※写真はイメージです。
  • 前の作品へ
  • 次の作品へ

〈サユリ・千葉県・36才・女性〉からの投稿

我が家では駄々をこねると、「仏壇に行ってご先祖様にどっちが正しいか聞いてごらん」と言われます。そうすると仏壇へ行き、りんを鳴らして線香をあげて、聞いてーっと語りかけるのです。そのうち、気持ちが落ち着いてきて自分の行いを反省することができ、ごめんなさいと家族の元へ戻っていきます。

自動ページ送り

作品一覧に戻る

このページのトップへ