やさしい時間~こころの携帯電話ひろば~

<三行詩> 作品紹介

大切な人との絆を紡ぐ、三行のこころの詩。
これまでに寄せられた作品をご紹介しています。

こころの携帯電話 <三行詩> 作品紹介


応募作品

※各作品の詳細ページは「詳細はこちら」ボタンをクリックするとご覧になれます。

【第10次応募作品】

手紙送っても父からの返事来なかったけど
遺品から出てきた私の手紙の裏に
「頑張っている様子嬉しく思います」

(すず・神奈川県・45・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

コワ顔の父さん よく席を譲ってていたね。
私も席を譲れる人間になれました。
亡き父似とよく言われるよ。

(さわやん・大阪府・43・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

娘の高校合格見てすぐに向こうに行ったね
お母さん…あれから三年、無事卒業したよ
次は夢への第一歩だよ!見守ってあげてね

(よーたん・神奈川県・46・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

すっくと立った線香のようなあなたの背中を
海老のようにまるまる母の隣で思い出す
ふわりと心の真ん中にに切ない明かりが灯る

(雪葉千狸・愛知県・24・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

学校でイジメられた時、彼にフラれた時
白黒のあなたはいつも微笑んでくれた
会ったことのない祖父の「何とかなるさ」

(きよきよ・岡山県・42・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

そっちのくらしはどうかな
げんきにしてるかな
私は元気よ しんぱいしないで大丈夫

(KUMATAMAGO・東京都・11・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

おばちゃん、いつも守ってくれてありがとね
苦しいとき聞こえるよ、頑張れ頑張れって。
おばちゃん、ずっとずっと笑っていてね。

(海ガラス・北海道・25・女性・おばちゃんへ)

【第10次応募作品】

私が会うことは叶わぬ祖父。
私の父が幼い頃に亡くなった。
私を見て皆言う。「あの人」に似てるって。

(橘高ミハネ・東京都・30・男性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

支えてくれてありがとう。
ぜんぶぜんぶ、だいすきだよ。
ずっとずっと、だいすきだよ。

(また、あおうね。・千葉県・22・女性・初恋の人へ)

【第10次応募作品】

大切な人ができました
出会わせてくれたのかな
ありがとう、おじいちゃん

(雷・山口県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

少しずつ、口数が減り
ある日、逝ったのは
悲しみを和らげるためだったのか

(masa・千葉県・54・男性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

不安の先取りをするな、なるようになる。
そうでしたね、お父さん。
ハイ、今日も明るく好奇心の花咲かせます。

(みのり・三重県・70・女性・夫へ・妻へ)

【第10次応募作品】

お線香に火を灯すとき
私の心がゆるりとほどけ
一番素直になれる

(FUU・東京都・35・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

背の高いおじいちゃんと向き合えるひととき
線香の煙はわたしの想いを乗せて
天国へとそっと運んでくれる

(こはくま・千葉県・32・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

人は根が明るくないといけないよ。
そういっていつもニコニコ笑っていた。
大丈夫、ニコニコ笑ってるよ。

(ひまわり・宮城県・44・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

神さま仏さま
苦労して逝った父母を
来世でお守り下さい

(桐山榮壽・東京都・58・男性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

懺悔して
父母の歳
追いこせり

(桐山榮壽・東京都・58・男性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

「晴れ」の日は より輝いて
「雨」の日は 「晴れ」にするほど
あなたの笑顔 いつも太陽だった!

(かすみ草・広島県・52・女性・母のような存在のあなたへ)

【第10次応募作品】

ばあちゃん、休みの度にじいちゃんと
海の見晴らし良い所へ出かけたっけ。
今見ている海はもっと見晴らしいいですか?

(そらごとつむぎ・宮城県・27・女性・祖父へ・祖母へ)

【第10次応募作品】

お母さんの様に相談に
のってくれたよね?
ありがとう♪

(滝山悠敬・東京都・29・女性・恩師)

【第10次応募作品】

こんにちは。そちらにも慣れましたか?
あまりにも旅立ちが突然すぎて・・・
元気なあなたとの喧嘩をつい思い出します。

(リンさんの嫁・新潟県・55・女性・義母)

【第10次応募作品】

ビンゴちゃん、お母さんに会えたね
お母さんと一番仲良しだったもんね
今頃思いっきり甘えてるのかな?

(よーたん・神奈川県・46・女性・愛犬)

【第10次応募作品】

お義父さん、義母さんを迎えに来て、
終末には一緒に天国へ行かれるのですね。
虹の橋であの子も待っていてくれますね。

(うおのん・大阪府・52・女性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

私の顔も名前も忘れてたけど、孫の事は
しっかり覚えてて、「又、山に行こうな。」
って笑ってた義父さん。もう一度一緒に…

(ひぃー・宮城県・47・女性・義父さん)

【第10次応募作品】

今年もまたスズランが咲きました。
スズランは父と母があの世からの招待状。
天国の空の雲も映してるかのように。

(岐阜屋根の草・岐阜県・63・男性・父へ・母へ)

【第10次応募作品】

小さい私の手を引いてお散歩したね
そっと頭を撫でてくれた感触覚えている
貴方が居たから私を看護師にしてくれた

(ゆかぽん・秋田県・40・女性・親族へ)

【第10次応募作品】

勤め先が大きな病院だそうですね。あなたの
本当の実力が試されますね。負けないで。
人生に勝ち負けなんてないんだって。

(岐阜屋根の草・岐阜県・63・男性・子どもへ)

このページのトップへ